男性

体に疲れを感じている人は疲労回復を意識して生活するようにしよう

  1. ホーム
  2. 加齢に伴う肌トラブル対策

加齢に伴う肌トラブル対策

紳士

血管が浮き出る理由

人は年を取ると、手の甲や腕の血管が浮き出やすくなりますが、場合によっては痛みやだるさがともなうことがあります。こうした症状はハンドベインと称されており、特に高齢の女性の多く見受けられます。但し、中には30代の人にもハンドベインの症状が現れることがあり、外出時などにコンプレックスを感じる女性も多いわけです。血管が浮き出てしまうと、見た目が悪いだけでなく老けて見える要因にもなるので、女性としては隠したい症状だと言えます。とは言え、ハンドベインは病気の範疇には入れられておらず、具体的な医療対策が立てられていないのが現状です。手の血管が浮き出る原因としては、主に加齢による真皮細胞の衰えが挙げられており、年を取れば誰もがなるものとして考えられているからです。

肌の乾燥を防ぐ

人は肌年齢のピークを過ぎると、肌の内側のコラーゲンやエラスチンの量が減少する傾向になります。その結果、真皮細胞の生成が衰え、皮膚自体が薄くなるわけです。このことがハンドベインの主な要因ですが、静脈のため余計はっきりと目立つことになります。また、長い間紫外線を浴び続けた肌は、メラニンの生成が活発になりシミやそばかす、そしてタルミを引き起こすことになります。このことが肌細胞の新陳代謝を滞らせ、老化を加速させる要因になります。加えて、老化した肌細胞は保水能力も衰えるので、肌の表面が乾燥しやすくなります。このことが肌のハリがなくなる原因になるので、益々、血管を浮き出させてしまうわけです。それ故、ハンドベインの対策としては、ハンドクリームなどを使って肌の乾燥を防ぎ、真皮細胞の新陳代謝が促されるように、バランスの良い食生活を心がけることが挙げられます。